居酒屋でも大人気!青汁ハイの作り方!焼酎との相性は?

a0002_011960

太るイメージの強いお酒。そして健康に対してマイナスなイメージがあるお酒ですが居酒屋でお酒を飲みながらストレス発散をしている方は男女問わず多いのでは。

居酒屋で出されるお酒以外に料理も健康やカロリーはあまり重視されていなくて、カロリーも気にされていません。

アルコールの取りすぎはダメだって分かっているけどやっぱりお酒を飲みたい!でも健康的に飲みたい!という方向けに作られものが青汁ハイです。

青汁ハイの正体!いつ、どこで出会える?

6cda31a810e1465a3f1041376169efa2_s

青汁ハイは焼酎を青汁で割って飲むもの。近年では、焼酎以外で割る青汁ハイもあります。

青汁ハイは、お酒の感覚というよりは健康食品にアルコールが入っているという感覚で飲むほうが正しいかもしれません。

a0013_000007

見た目は完全に青汁を水で薄めた感じ。若干まずそうです。

気になるお味ですが、使用されている青汁にもよりますがメニューにもなるくらいなので大体の青汁ハイが飲みやすく改良されていますよ。

飲み味はあっさりとしていて、女性にも人気の緑茶ハイに似た味があります。

作り方

<材料>
青汁1袋(粉末)
焼酎45ml
氷 適量
水 適量

全て混ぜ合わせるだけ!

青汁ハイですがどこの居酒屋でも置いているわけではありません。

むしろ、あまりおいていないところのほうが多いです。有名なチェーン店の居酒屋では置いてない割合のほうが多いです。

近年では健康志向のサラリーマン女性の社会進出に伴い居酒屋のメニューに採用するお店も多いようです。偶然入ったお店であったらラッキーですね。

何店か青汁ハイが置いてあるお店ご紹介しておきます。

●こうちゃん/最寄 梅屋敷駅(居酒屋)
●情緒個室居酒屋 葵屋 ‐AOIYA‐/最寄 大宮駅

健康にも効果ある?青汁ハイ

a0002_010291

あまり知られていない青汁ハイですが、健康的といっても単なるアルコールでしょ?と疑っている人もいるでしょう。

青汁ハイに隠された驚くべき効果をご紹介します。

二日酔い防止

お酒を飲んだ日って飲んだ量にもよりますが、かなり飲んでしまった日にはその日や、次の日にまで残っているものですよね。

でも青汁ハイはそんなことないんです。次の日にアルコールを残しません

健康にお酒を楽しむころが出来て、さらには二日酔いを防いでくれる青汁ハイ

痛風が起きない

これはあまり知られていらない効果ですが他のお酒に比べてプリン体というものがあまり入っていないので、青汁ハイを飲んでも痛風が起きにくいのです。

気になる!焼酎との相性

a0001_015346

焼酎は主に2つの作り方があります

連続式蒸留(甲類)

連続式はアルコール発酵が終わったものを連続的に蒸留し、不純物を除去するために原料の風味は自然と落ちます。そのため飲みやすい口当たりになりますね。

単式(乙類)

単式のほうが基本的に一度しか蒸留していないので原料の味が濃く残り、風味も程よく残ります

青汁と相性がいいのは単式(乙類)で作られた焼酎!なぜなら、カロリーが甲類に比べて低いから。そのため焼酎を飲んでも低カロリーで太りにくい。

これは両方に言えることですが、焼酎には健康作用があります。脳梗塞や心筋梗塞を予防し、二日酔いも予防してくれます。

ここまで簡単ですが焼酎の説明しました。焼酎というものがお酒の中でどれくらい優等生なのか、そしてアルコールを飲みたい人でも気兼ねなく飲めるお酒だということを知っていただけたら幸いです。

そして飲み方さえ間違えなければ、健康的なお酒と健康的な飲み物の青汁。これだけ健康で、主にサラリーマンが抱えている健康問題を青汁ハイは居酒屋でお酒を飲んだとして気にせず飲めそうですね。

大好きなお酒、でも健康に飲みたい!

健康的なアルコール、青汁ハイを今回はご紹介しました。いかがでしたか。

太る存在、カロリーが高いというイメージだったお酒を青汁ハイに変えて楽しいお酒の時間をお送りましょう。

一層健康な飲み物が居酒屋の一品に追加され皆さんの宴会、楽しい晩酌、帰りの一杯のひとときのお供にどうでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です