チアシードを青汁に入れる?そもそもチアシードって何?

a0015_000004

海外で人気の食品スーパーフード、チアシード。モデルや女優さんがダイエットや美容目的にサラダや食事に混ぜることが多いようですね。

  • チアシードを食べているけどそろそろ色んな食べ方に挑戦したい方
  • チアシードを青汁に入れてみたいけどどれくらい入れればいいのか分からない
  • どのチアシードを入れたらいいのなど…

気になること調べてみました!

野菜の栄養素を多く含んだ青汁とチアシードのコラボをご紹介していきます!

そもそもチアシードっていったいなに?

a0001_016477

チアシードは見た目は小さいアサガオの種に似ています。チアシードは名前の通り、種子であり自然由来の健康食品の一つです。

このチアシードの一番の特徴は水に浸すと見た目からは想像できないような大きさになることから満腹中枢を刺激しダイエット目的につながります。

そもそもチアシードを食べるために、なぜ水に浸して膨張させて食べるのかというと、チアシードはそのまま何もせず食べると危険といわれており副作用があると言われています。殺菌効果と無毒化のために浸します。

栄養成分

  • たんぱく質
  • ミネラル、ビタミン(ビタミンB群・ナイアシン)、カリウム(牛乳の4倍)
  • リン(牛乳の11倍)、カルシウム(牛乳の6倍)、脂質、鉄分(ほうれん草の6倍)
  • 亜鉛(アーモンドの1.4倍)、マグネシウム(アーモンドの1.4倍)
  • アミノ酸、オメガ3脂肪酸など。

効能

チアシードに含まれる、オメガ3脂肪酸の一種「α―リノレン酸」には様々な効能があります。また、オメガ3脂肪酸は人間の体内では合成することができない必須脂肪酸です。

①女性ホルモンバランスをコントロール

生理不順や生理に関する悩みを助けてくれます。

女性ホルモンのコントロールを助けてくれるので、更年期障害に悩んでる方にもおススメ。

②アンチエイジング・美肌効果

人間の細胞約60兆個一つ一つに「細胞膜」と呼ばれる細胞の内外を隔てる膜がありこの膜を構成しているのがαリノレン酸などの成分。

これらを適宜補うことでこの膜がしっかりと構成され続け強くなり、細胞の老化防止、すなわち皮膚の老化の防止にもなり、αリノレン酸をとり続けることによって皮膚の代謝もよくし、シミやしわの発生を防ぎ、アンチエイジング効果の期待を促します。

③うつ病改善

うつ病患者は健常者に比べ、αリノレン酸値が低いと調査で分かっており、チアシードに含まれるαリノレン酸はうつ症状を改善・軽減させる効果があるとされています。

a0800_001307

昔の保存食

昔は今ほど栄養がある食べものはなく飢餓でなくなることが多く、でも時期によって取れるものも違います。

保存がきいて美味しく食べれて、おなかにたまるものはないのか思っていたのでしょう。昔の言い伝えでは、「一杯のチアシードと一杯の水で一日生きられる。

今の用途で食べていたのではなく、健康維持に必要な栄養素として本当にチアシードを必要としていたのかもしれません。

チアシードの種類

ホワイトチアシードとブラックチアシードの二種類があり、通常店頭やネットで見かけるのはブラックチアシードですね。2つの値段はそれほど変わりません。また2種類を比べ、ホワイトチアシードのほうが低カロリー高たんぱくです。大きな違いといったら色とどれだけ水にいれて変わるのかという膨張具合です。

ブラックチアシードは8―10倍、ホワイトチアシードのほうは10-14倍

ホワイトチアシードの方はもともとブラックチアシードの中に混ざっている白いものを取り出しそれだけを品種改良したもの。もとからもっているものはブラックチアシードと変わらず持っています。

もし、迷ったときは値段あまり変わらないのでホワイトチアシードの方を選んではいかかですか。ふくらみ具合もよく腹持ちもこちらのほうが良いです。

チアシードの一日の摂取目安は大さじ1杯です。気をつけましょう。

もっと健康的に!青汁にいれてみよう

6cda31a810e1465a3f1041376169efa2_s

栄養成分と効能をみて、これはすごい!スーパーフードではないか。と思った人もそうでないひとも。やっぱり世の中には完璧なんて存在しないんですね。このスーパーフードにも欠点があります。

この栄養素があればいいのに!っという重要なものが含まれていないのです。それはビタミンC、カロチン、乳酸菌。これらは主にあの緑色の飲み物でおなじみの青汁に含まれています。

なのでチアシードと青汁を組み合わせることでお互いに栄養成分を補う最強ドリンクが完成しますね。お互いにカロリーが低いということもありダイエットドリンクにもなります。

レシピ

<材料>
水 200ml
チアシード大さじ一杯(ホワイトチアシードがおススメ)
青汁 粉末1パック

<手順>
1.水200mlが全て入るグラスに、水を入れチアシードをいれて30分間放置します
2.ある程度チアシードが膨張してきたらお好みの青汁を入れ全体をかき混ぜてください
3.完成

青汁とチアシードを混ぜるときはホワイトチアシードがおススメ

最強ダイエットドリンク

スーパーフードと呼ばれるチアシードと青汁の組み合わせをご紹介しました。いかがでしたか。

様々で栄養成分と効能が入っているチアシードですが青汁と組み合わせることでもっと女性に優しいドリンクになります。

一度試してはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です